カンテレ通信

第3・第4日曜 午前6:30~7:00

原則、毎月 第3・第4日曜の2回(5週月は第4・第5日曜)

2016年12月18日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

今回は、「間違えやすい“濁点”つきの言葉」についてお答えします。また「『胸いっぱいサミット!』にいただいた大阪ことばのお手紙」をご紹介します。

※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。ご紹介させていただいた方には、ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』の番組特製オリジナルクリアファイルを差し上げます。皆様からのご意見をお待ちしております。

10月6日(木)放送「よ~いドン!

きょうの内容は面白かったんやけど、一つだけ指摘しとくわ。
鳥かごの事を「バードゲージ」ってテロップで出しとったやろ。
これは間違いや。
英語表記では「bird cage」と書くから「バードケージ」が正しい読み方なんやで。

番組コメンテーターより

石巻アナウンサー
ご指摘の通りです。
英語では「ゲージ(gauge)」というと、寸法などを意味する別の言葉です。
「ゲージ」と「ケージ」は混同されがちです。
アナウンス部ではもちろん注意する言葉として認識しているわけですが、放送では訂正ができませんでした。

影山貴彦さん
そうですね、本当に間違えやすい言葉ですね。
しかし逆に言うと、間違えやすい言葉ほど、放送では間違ってはいけないと思います。
放送本番までにチェックする機会はいくつもあったのに、それをスルーしてしまった。
制作陣はやはりよく注意しないといけないと思います。

わかぎゑふさん
英語などで表記をカタカナにすると、何か見逃しがちですよね。
私がもし(その番組に)出ていても、気がつかなかったと思います。

10月8日(土)放送『胸いっぱいサミット!

石巻アナウンサー
関西言葉で書かれたお便りを頂戴しました。

関アナウンサー
登場する「女の人」とは、フリーアナウンサーの川田裕美さんです。
美しい関西言葉ですので、わかぎゑふさんに読んでいただきたいと思います。

わかぎゑふさん(朗読)
毎日カンテーレさんは、朝から夜まで一日中見さしてもろうてます。
わたしら主人と二人ぐらしで、外に出ることがあんまりでけしませんよって、テレビだけのたのしみでくらしています。
カンテーレさんが一番やと思うています。
こんなんかいてすいません。
今月八日のテレビで、今までも見さしてもろうてましたけど、リンゴさんと二人で司会してはった、女優さんかアナウンサーさんかよう知りませんですが、あの女の人、かいらしい人ですね。
あのお方、あんだけかいらしいし、きれいやのに、かっこもつけんと、リンゴさんにケンケンを何回もさせられて、いっしょうけんめいしてはって、ほんまに好きになりました。

主人は男やさかい、きれいな人には目もない。
ほして、あのケンケンしはった時、久しぶりに二人で大笑いしました。
大ファンになりました。
他の出てはるお方も皆学のある方ばっかし、話も面白いけど世の中のニュースをおもしろうに教えてくれはって、私は土曜日が来るのがたのしみになりました。

おおきに。

石巻アナウンサー
丁寧に番組を見ていただいて、本当にありがたいですね。
素晴らしいお便りをありがとうございました。

カンテレEYE

カンテレEYE

関西テレビの番組を中心に、メディアリテラシー<メディアのメッセージをどう読み解くか、またどうつきあっていけばいいのか>についてご紹介します。

今回は、関西テレビはじめ全国系列局の放送に使われる言葉についての指針である『FNS用語ハンドブック』と、その編纂を担当する「フジテレビ系列用語統一部会」についてご紹介します。
『FNS用語ハンドブック』の7年ぶりの改訂にあたり、全国各地のアナウンサーが関西テレビに集合、激論を繰り広げました。

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。
次回は、1月22日(日)放送予定です。
大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 -Part2-』を題材に、ローカルドラマ制作の現場
についてご紹介します。

関西テレビ ページトップへ戻る