お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

TOPICS | トピックス

美蘭蓮佛美沙子)に騙されて(?)、お互いの詳しい情報を知らされないまま対面したカレシ・遠藤憲一)と父・紀一郎渡部篤郎)。2人が困惑しながらも、相手にはそれを見せないよう振る舞う姿・・・思わず見入ってしまいましたよね。

気まず~い結果に終わった“家族との初対面”後の廊下では、遠藤さんと蓮佛さんによるアドリブ合戦が勃発!本番で、遠藤さんがリハーサルになかった「俺、帰るよ!」と言って靴を履こうとする動きを入れると、蓮佛さんはすかさず「ダメだよ!」と靴を取り上げ、玄関に放るというアドリブ返し。あまりに息が合っているため、監督もなかなか「カット」が出せず、もみ合う2人の演技に見入ってしまう場面も。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

リビングでの、と家族とのやり取りのシーンでは、キャスト全員による丁々発止の掛け合いがさく裂!あのテンポ感の中、緊張した雰囲気に時折り気の抜けたセリフが入っていて、思わず笑ってしまいましたよね。このシーンは、何よりも全員の息の合った間合いがキモで、蓮佛さんも「リビングでの会話劇は、全員の力がピタッと合ったらものすごいでしょうね。一番楽しみなシーンです」と期待。実はこのシーン、出演者全員が別日にリハーサルを行って臨んだのです。その成果もあってか、長いシーンながら掛け合いは完璧。スピード感を持ったまま、丁寧に交わされていくそれぞれのリアクションは絶妙。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

紀一郎と2人きりになったは、とうとうと気持ちを語りながらも美蘭への愛しい想いが募り・・・。リハーサルでは静かに語るだけだった遠藤さん、本番になると一転!感情がこみ上げ目に涙が浮かぶほどに感情移入しての熱演。コミカルな会話劇から一変した迫真の演技に、見守るキャストたちも圧倒され、渡部さんもギアを上げて応戦!リハーサルでは諭すような口調だったのが、本番では鬼気迫る剣幕での“説教”モードで、お2人の迫力の演技の応酬が際立つシーンとなりました。モニターを見守るキャスト陣は大爆笑しながらも、紀一郎の対応に「ひでぇー!」とブーイング?!

遠藤さんはコミカルなシーンについて「視聴者の方が出演者の誰かに感情移入できることが大切。じゃないと寒々しくなっちゃう。だから、僕たちは血を通わせなければならないんです。」とおしゃっていましたが、まさに“シリアスだからこそ笑える”シーンでしたね。
最悪の初顔合わせとなった紀一郎。次週は、紀一郎の説得は後回しに、「まずは兄妹から」と、美蘭の兄・葉理男と妹・真理乃に照準を合わせて説得を試みる美蘭。果たして2人は兄妹を味方にすることができるか?!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る