大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語-Part2 -

1月17日(火) 深夜 0:40

鶴橋 優しい追跡者

大阪・鶴橋の焼肉屋でアルバイトするジヒョン(知英)は、お金を払わずに店から出て行った少年・良介(百瀬 朔)を追いかける。実は良介はケンカの末に財布を取られ、無一文。お金がなくて代金を払えない良介に対し、ジヒョンは「地べた這いつくばって、お金手に入れなあかん」と言い、自販機の下に落ちている小銭を集め始める。

二人でお金を集めるうちに、不器用ながら真っ直ぐに将来を夢見る良介の姿に気づいたジヒョンは、ある大きな決断をし…。

キャスト

ジヒョン / 知英

ジヒョン

知英

山中良介 / 百瀬 朔

山中良介

百瀬 朔

脚本

福谷圭祐

演出

高山浩児

インタビュー

知英

撮影を終えた感想は?

めっちゃ楽しかった!初めての関西弁で大変でしたが面白かったです。
コリアンタウンということで母国を思い出しましたし、現地の方は皆さんとても親切に接してくださいました。

最初に台本を読んだ際の感想は?

可愛くて明るい女の子を演じられて「うれしいな」と思いました。関西弁は初めてなので、すごくワクワクしましたね。関西弁って面白いなと思っていて、スタッフの方の関西弁を真似したりしていたんですけれど、まさかお芝居で話すことになるなんて思ってもいませんでした。

事前に関西弁の練習をし、撮影中も頻繁に確認していましたが、関西弁は難しかったですか?

細かいニュアンスがちょっと難しかったです。でも、韓国語とイントネーションが似ている気がするんですよね。韓国語で話すとケンカしているみたいって言われるんですよ(笑)関西弁と同じですね(笑)

いろいろな活動をされていますが、ドラマのお仕事はどうですか?

違う人になれるのがすごく楽しくて、今度はどんな人になれるんだろうって、いつもワクワクしています。

鶴橋はいかがでしたか?

鶴橋は1回だけ行ったことがあるんですよ!その時はお好み焼きを食べました。
すごくにぎやかで、笑いの絶えない、いい街だなと思いました。

ドラマの見どころは?

知英が関西弁に挑戦します!注目してください!
あと、コリアンタウンをめっちゃ走りました。筋肉痛にもなったんですよ(笑)
私が演じるジヒョンはすごく前向きで明るい子なので、ドラマを見てぜひ癒されてください!

百瀬 朔

最初に台本を読んだ際の感想は?

単純に「いいお話だな」と思いました。今回のような「恋」のお話を演じることが今まであまりなかったので新鮮です。

金髪ですが?

今回の役にあわせて染めました!はじめて染めたんですよ!自分では「似合ってないな~」と思いました(笑)

不良少年という役柄ですが、演じてみていかがですか?

「不良」なのに、自分の夢とか素直に語っちゃうところが、かわいいところですよね。

2日間というタイトなスケジュールでの撮影でしたが?

始まるまではけっこう不安でしたね(笑)ドキドキしましたけれど、とても楽しい作品ですので、僕自身も楽しんで演じるように心がけました。

見どころは?

知英さんがとてもかわいいです!(笑)
作品を見ていただいた方が、少しでもハッピーになれるような作品を目指しました。自分にもこういう甘酸っぱい時代があったなと思いだしてもらえればうれしいです。

ストーリー

  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第10話
  • 2016年に放送した シリーズの 詳細はコチラから!

関西テレビ ページトップへ戻る