TOPICS | トピックス

今月、初夏の好天の中で発進したクランクインの撮影レポートをお届けします!

トピックス | ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

波瑠さん演じる新人女性刑事・藤堂比奈子が、個性的な捜査班の面々と共に異常犯罪事件に隠された真実を追うこのドラマは、“解決したら終わり”の刑事モノとは一線を画した作品!比奈子は心に“ある闇”を抱えていて、「人を殺す者と殺さない者の境界線」に強すぎるほどの探究心を持っています。なぜ彼女はそこまで犯罪者に興味を持つのか…?ストーリーが進むにつれて明らかになる比奈子の過去も見どころ。

記念すべき最初のシーンに登場したのは、波瑠さんと、先輩刑事・東海林恭久を演じる横山裕さん。お2人とも、スタッフに「よろしくお願いします!」と明るく挨拶し、早速撮影スタート。捜査の聞き込み途中の比奈子と東海林が公園で会話を交わすシーンから。

タバコを吸いながら一人公園で待つ東海林の元に、比奈子が「お待たせしました~!」と駆け寄ってくる最初の場面。撮影が始まった途端、真剣な顔つきだった波瑠さんが一瞬で明るい笑顔をたたえながら駆け寄って来ました。心に人知れぬ闇を抱える比奈子ですが、家から出る時に自分の中のスイッチを“ON”にして、外では明るい人柄に。そんな比奈子が一瞬で乗り移ったかのように、波瑠さんは見事にスイッチを切り換えます。

トピックス | ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 トピックス | ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

一方、殺人犯に並々ならぬ憎悪を抱く、アウトローな刑事・東海林を演じる横山さん。タバコを口に持っていくしぐさや比奈子への対応で、新人とコンビを組まされた“面白くなさ”を醸し出します。ぶっきらぼうな態度、冷たくあしらう口調に、比奈子を全く信頼していない感が満載。

監督は、それぞれのキャラクターの心理と行動をリンクさせながら、細かい演技を要求。それに応えて、それぞれのキャラクター像を擦り合わせながら役を作り上げていくお2人の姿に、この作品にかける思いが伝わって来ます。

横山さんは取材のカメラマンに対し「お疲れさまです!」と声を掛けたり、セリフを間違えて「バレたか~!ほんまにすんません!!」と関西弁でおどけて見せたり、終始現場を明るくさせていました。

トピックス | ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

波瑠さんが大福に七味を大量に掛けてほおばる場面では、「何度も大変やなぁ。役、代わろか?(笑)」と声を掛けた横山さん。すると波瑠さんが素直に「じゃあ、お願いします!」とにっこり笑顔で返し、初共演の初日とは思えないほど息の合った(?)掛け合い。ストーリー上はなかなか足並みの揃わない2人ですが、その関係性が今後どのように変わっていくのか、お2人がそれをどう表現していくのか、期待が高まります!

初シーンを終えたお2人は、「いよいよ始まるな、って感じですね!」と意欲十分な様子。波瑠さんは「まだ始まったばかりですが、共演者の皆さんと一緒に良い作品を作れるように頑張っていきたいです。個性豊かな先輩たちとご一緒できるのが楽しみ!」、横山さんは「攻めていく内容のドラマですので、いろんな方に観てもらいたいですね。心を引き締めて頑張っていきたいです」と意気込みを語ってくれました。気合いじゅうぶんのお2人がどんなコンビを演じてくれるのか、楽しみですね!!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

PICKUP | ピックアップ

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る