STORY | ストーリー

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

中島林遣都)の逮捕以来、元気がない比奈子波瑠)を厚田渡部篤郎)や倉島要潤)は心配するが、東海林横山裕)だけは比奈子の表情を「うそくさい」と、どこか警戒している様子。そんななか、公園で男性の他殺体が発見されたと通報が入る。見つかった遺体の口には大量の100円硬貨が詰め込まれ、解剖の結果、特殊な器具を使って、胃に到達するほどの量を無理やり流し込まれたことが分かる。早速、比奈子厚田と聞き込みに向かうが、現場付近にあるゲームセンターの前で、怪我をした老人・稲富信吾浜田晃)に出くわし、家まで送り届けることに。そこは、身寄りのない4人の老人が共同生活を送るシェアハウスだった。そして事件が進展しないまま迎えた数日後、同様の手口で殺された女性の遺体が発見される。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリーON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

同じ頃、比奈子妙子原田美枝子)から、中島が『精神・神経研究センター』という施設に入所したことを聞く。そこは、罪を犯した天才科学者や猟奇犯罪者の隔離矯正施設。中島は今後も猟奇殺人の捜査に協力することが決まり、窓口を任された比奈子は早速、事件について中島とメールのやりとりを始める。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

やがて、事件の被害者2名が詐欺師だったと分かり、背後で糸を引いていた暴力団の会長もまた、同じ手口で殺される。会長が出入りしていた孫娘の家へ聞き込みに行った比奈子は、そこで、稲富がかつて手にしていた大きなぬいぐるみを発見。さらに調べを進めると、遺体が発見された土地の以前の所有者はシェアハウスの住人で、遺体に詰め込まれた硬貨の中からは、ゲームセンターのコインも見つかる。

比奈子稲富らの関与を確信し、中島からも「犯人は異常猟奇殺人犯の仮面を被った常識人」と事件を分析したメールが。老人たちは皆、被害者に仕事や金、土地などを奪われた過去を持ち、一連の事件はその復讐だったのだ。しかし、比奈子が真相に辿りついても、老人たちは慌てることもなく、「次に誰を殺す?」と狂気の笑顔を浮かべるばかり。事件解決後、隠れてその様子を見ていた東海林は、「お前の素の顔、人殺しと同じだよな」と指摘するが、比奈子は「私は刑事です。まだ」と答えるのが精一杯。後日、比奈子厚田に促されて中島に会いに行く。そこで、ナイフをいつから所持しているのか尋ねられた比奈子は、「あのナイフは、父を殺すためのものでした」と語り始め――。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリーON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

一方、東海林は情報屋の藤川不破万作)から、自分たちの関係をネタに、事件の捜査資料と比奈子に関する資料を用意しろと脅されていた。ところが数日後、その藤川が遺体で発見され……。

STORY BACKNUMBER | ストーリー バックナンバー


もっと見る

Twitter | ツイッター

PICKUP | ピックアップ

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る