STORY | ストーリー

ハサミを突きつけても動じない比奈子波瑠)に苛立ちながら、都夜佐々木希)はこれまでの殺人の全容を語り出す。そして、美しい容姿なのに、なぜ凶行に及ぶのか理解できないという佐和中村亜梨沙)に、着ていた雨がっぱを脱いで自らの身体を見せる。すると、白く美しい肌に浮かび上がったのは、大きくて痛々しい火傷の跡。モデル時代、ストーカーの男に硫酸をかけられたのだという。夢を絶たれ、強いコンプレックスを抱えた都夜は、今度こそ“完全な自分”を手に入れようと、今回の犯行に及んだのだ。しかし比奈子は、そんな都夜の考えを「醜い」と一蹴。持っていたナイフで後ろ手に縛られていたロープを切り、向かって行くが、都夜が振るったハサミが肩に刺さり負傷。それでもナイフを振るって反撃していると、東海林横山裕)と中島林遣都)が駆けつけ救助、それと同時に意識を失ってしまう。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリーON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

幸い、怪我は大事に至らなかった。しかし、目が覚めた比奈子は、付き添っていた中島に、都夜への殺意があったことを告白。さらに、子供の頃、父親が比奈子について「いつか必ず人を殺す」と言っていたことを打ち明ける。そして今回、その言葉通りのことが起きていたかもしれないと案ずるが、中島は「あなたは、まだ誰の命も奪ってはいない」とやさしく微笑んで比奈子を励ます。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリーON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

それからしばらくして、自殺と思われる不審な死を遂げた宮原鮫島の死に際の映像が、なぜかテレビで放送される。どうやら、何者かが匿名でテレビ局に送りつけたらしい。番組には、中島の上司でハヤサカメンタルクリニックの院長・早坂雅臣光石研)が出演。この現象を“神の裁き”と呼び、凶悪犯罪に対する抑止力になると明言する。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 | ストーリー

テレビ局から押収したDVDには、白衣姿の医師が注射で自殺する映像も残されていた。警察が知る限り、ほかにも小学生を殺害した男が心臓をナイフで突いて自殺、殺人犯の大友も留置場で頭を砕いて自殺している。厚田渡部篤郎)は、誰かが一連の出来事を世間に公表しようとしていると指摘。故意に自殺を誘発している人物を調べ上げ、食い止めるよう指示する。やがて、東海林が自殺した5人の男たちの共通点を調べると、全員がハヤサカメンタルクリニックとつながりがあったことが判明。さらに、中島が5年前に起きた女子中学生殺人事件で、遺体の第一発見者だったことも明らかに。この状況に比奈子東海林が困惑していると、当時とまったく同じ状況で殺害されている少女の遺体が見つかり――。

STORY BACKNUMBER | ストーリー バックナンバー


もっと見る

Twitter | ツイッター

PICKUP | ピックアップ

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る