競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2015年8月28日

清の言いたい放題

ラキシス、ラキシス、ラキシス…。札幌記念は自信を持って中心にしたのにルメールくん頼むわ。1番枠やな〜。それまでの1Rで1番のキャンディバローズで4番手から。又、3Rのクロイツェルも1番で5、6番手から直線鮮やかに抜け出し人気に応えていただけに、自信をもって好位をとりにいったのでしょうが、それが、あまりにも気分よく行き過ぎたというか、2番手で、早いペースで逃げるトウケイヘイローを追いかける形になってしまっては、まずかったんでは。もうひとつ、うしろのつもりだったんでは。アタマ、アタマ、1/2の着差からして、ほんとに残念です。ルメール騎手でもこういうことがあるんですね。トホホ…。勝ったディサイファは四位騎手が最初から期待し続けてきた馬。重賞3勝目を手にしました。今回は相手が相手、しかもGIIだっただけにしてやったりでしょう。6才馬、この秋が勝負です。2着のヒットザターゲット、目黒記念男が、持てる力をみせつけました。なめたらあかんでよ、といったところでしょう。そして、岩田騎手、6週連続の重賞勝利がかかっていて、渾身のイン強襲もアタマ、アタマ届かずの惜しい3着。悔し!岩田だった。ダービーフィズは更に力をつけていると手応えを得たし、9月27日のオールカマーから天皇賞・秋へ主役を張る存在だと思います。小島太厩舎、1着、3着の成績で笑いが止まらないでしょう。ラキシス5着、ラストインパクト6着、トーホウジャッカル8着と人気馬総崩れの結果も、目標は先。秋たけなわの天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念であり、なんら悲感することはありません。追い続けるとどこかで返してくれるでしょう。
一本、小倉の北九州記念の方。中心にしたベルカントが期待に応えてくれました。もともとフィリーズレビューを勝っていてクラシックも意識した逸材。スランプにおちいっていたが前走の直千(アイビスサマーダッシュ)で目覚めたか。大いに楽しみな4才牝馬。10月4日のスプリンターズステークスに直行する。結果しだいでは香港も。5戦5勝のビッグアーサーも2着と流石のところをみせました。次走で真価が問われます。
もう一頭、強調しておきたい馬。新潟10R、信濃川特別で快勝したティルナノーグです。レース後、松永幹夫調教師からのメール。「やっと走ってくれました(笑)、トライアルへ行きます」。休んだことで体重が12k増え468k。逃げきったように脚質にも巾が出ました。春の悔しさを秋に返すか大注目です。
実は先週はLIVEで見ることが出来ず、ビデオで結果を知ることになったのですがやっぱり“生”に限ります。当たり前だ!と叱られそうですが痛感しました。皆さん、本格的な秋競馬、“生”に限りますよ。

清の言いたい放題

札幌11R 第10回 キーンランドカップ(GIII) 芝 1200m

◎ティーハーフ
3着、2着のあとの3連勝。特に3走目の前走(函館スプリントステークス)2着に2馬身半差をつける圧勝。完全に充実期に入ったといえます。人気でも。

相手
札幌では軽視禁物、昨年1、2着のローブティサージュとレッドオーヴァル
UHB賞レコード勝ちしたエポワス
常に差し脚要注のスギノエンデバー
力は互角オメガヴェンデッタ
3才でも力は互角レンイングランド

買い目
馬連 ティーハーフから相手 6頭。
3連単 ティーハーフ軸1頭マルチ 相手 6頭。

携帯サイトのご案内

「競馬BEAT携帯サイト」では、杉本さんの他場レースの予想も掲載。「競馬BEAT携帯サイト」へは、お使いの携帯電話のメニューリストのメニュー⇒TV⇒関西テレビ⇒競馬BEAT からご覧になれます。または、右のQRコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。

競馬BEAT 携帯サイト

関西テレビ ページトップへ戻る