競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2014年8月15日

清の言いたい放題

先週のしんどかったこと。台風に帰省ラッシュ…。小倉へ行くのに、台風とあって9日(土)は早目に家を出たんですが、豪雨と雷で車も前が見えずヒヤヒヤものでした。そこへ帰省ラッシュがピーク。小倉へ着いた時にはもうフラフラでした。
トークショーのゲスト、菊川怜さんは日曜日(10日)の朝、北九州空港から涼しい顔で到着。仕事をするのは初めてだったんですが、失礼ながら“グーッ!”。なかなか感じのいい女優さんで話も弾みました。
因みに推していたのは“メイショウ”のネーミングがきれいということでメイショウナルトでしたが、七夕賞を逃げきったのと同じパターンで敢然とハナをきり、3コーナー辺りでは、“ヤッタかな”との感触でしたが直線力つきました。57.5Kのハンデ頭と馬場状態が微妙に影響したようです。豪快に馬場の中央を突き抜けたサトノノブレスは、菊花賞2着の力をみせつけこれからに大いなる期待を抱かせました。
帰りの新幹線で偶然出会った池江寿調教師はニッコリ。ブルー地にチェックのブレザーに白パンツ、素足に革靴とバッチリ、スタイルがいいのでなんともカッコ良かったですよ。
期待を抱かせたといえばもう一頭。新潟のレパードステークスを快勝したアジアエクスプレスも。12月7日の中京、チャンピオンカップ(GI)で古馬相手にどんなレースをするか、主役は間違いなしです。
残念なニュースはバンブーメモリーの死。平成3年の宝塚記念で「私の夢はバンブーです!」と買っていた馬を全国に向かって絶叫。それが、なんと大差しんがり負けになったという忘れられない馬の一頭です。以来、“夢、夢”という言葉が競馬の世界でも使われるようになりました。
JRA60周年記念イベントのトークショーは丁度半分が終わりこれからは後半で次は札幌(札幌記念当日)、新装なった札幌競馬場が楽しみ。ゲストはTOKIOの松岡さん、長瀬さん、盛り上がることでしょう。
頼む、好天気になってくれ!又、報告します。
最後にひと言。携帯サイト、ご利用をいただいている皆さん。久し振りにおめでとうでしたね。

清の言いたい放題

新潟11R 関屋記念(GIII)芝 1600m

◎クラレント
期待された前走の中京記念は8着。敗因は苦手の道悪で、最内枠(1番)が逆に災いしたよう。調子落ちはなく、請負人田辺騎手を配して巻き返す。中心です。

相手
善戦に終止符をうつマジェスティハーツ。
左回りのマイルが合うシャイニープリンス。
マイルの重賞2勝のダノンシャーク。
上位の常連エキストラエンド。
叩いた2走目、サトノギャラント。
ここは2走は参考外、あらためてエクセラントカーヴ。

買い目
馬連 クラレントから 相手 6頭。
3連単 クラレント軸1頭マルチ 相手 6頭。

点数は増えますが、穴でシルクアーネストを追加したいと思っています。

携帯サイトのご案内

「競馬BEAT携帯サイト」では、杉本さんの他場レースの予想も掲載。「競馬BEAT携帯サイト」へは、お使いの携帯電話のメニューリストのメニュー⇒TV⇒関西テレビ⇒競馬BEAT からご覧になれます。または、右のQRコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。

競馬BEAT 携帯サイト

関西テレビ ページトップへ戻る