競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2014年11月21日

清の言いたい放題

勝負のアヤはほんとに微妙です。
先週、日曜日のエリザベス女王杯、ヌーヴォレコルトだ、やっぱりと思った瞬間、脚が上がり、ピッタリマークしていたラキシスに外から差されてしまいました。
秋華賞はスタートが甘く、後方の位置どりであげく外、外を回らされる苦しい展開、あげく届かずの2着だったのを生かし、スタートをキッチリ決め、内々の4番手と文句なしの位置どりから直線、満を持してとび出したのでしょうが、結果的にはひと呼吸早かったということか。
勝ったラキシスは昨年も2着だったように力はあり強かったのですが、完全に目標にされてしまいました。
こうなった時、目標にされた方はシンドイと聞いたことがありますが、それでも岩田騎手は勝ちを意識したことでしょう。秋華賞は追いこんで届かず、エリザベス女王杯はゴール前でかわされと、岩田騎手はやるせないでしょう。
逆に、川田騎手としてはまさに"してやったり!"。来るジャパンカップはいよいよハープスターで、凱旋門賞からどう乗ってくるか。いい勢いがついたと思います。個人的に期待していたメイショウマンボは好スタートから3番手と絶好の展開。直線、楽に抜け出すかの手応えだったのに、全く反応せず、ズルズルと馬群にのまれてしまいました。幸四郎騎手もショックだったようですが、いったん調子を崩した牝馬は立ち直るのに時間がかかると聞いたことがありますが、そのパターンでしょうか。これからが苦しいですね。
人気を集めていたショウナンパンドラにスマートレイアーといったところは全くいいところなしに終わってしまいましたが、次走が正念場でしょう。
又、ヴィルシーナはサンシャインにハナをたたかれリズムが狂ったようです。
いずれにせよ、勝負の難しさというか、力だけでは勝てないもんだ、と痛感させられました。馬券の方は何とか的中しホッとしています。

清の言いたい放題

京都11R マイルチャンピオンシップ(GI) 芝 1600m

◎グランプリボス
叩かれて良化のタイプなのに前々走の安田記念は9ヵ月半振りであのジャスタウェイとハナ差の大接戦。後、スプリンターズステークス(4着)を経ての本番で昨年よりも調子ははるかにいいということ。国内ラストランがややひっかかりますが、マイルこその馬でもあり中心です。

相手
距離、コース好相性のトーセンラー
目下2連勝、勢いにのるクラレント
なんといっても皐月賞馬ロゴタイプ
京都マイルのレコードホルダー、ワールドエース
今年の傾向、下克上フィエロ
ペース握れるミッキーアイル
もう一頭しぶといダノンシャーク

買い目
馬連 グランプリボスから 相手 7頭。
3連単 グランプリボス軸1頭マルチ 相手 7頭。

携帯サイトのご案内

「競馬BEAT携帯サイト」では、杉本さんの他場レースの予想も掲載。「競馬BEAT携帯サイト」へは、お使いの携帯電話のメニューリストのメニュー⇒TV⇒関西テレビ⇒競馬BEAT からご覧になれます。または、右のQRコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。

競馬BEAT 携帯サイト

関西テレビ ページトップへ戻る