競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2015年4月17日

清の言いたい放題

先週の桜花賞は中途半端な予想になってしまいスミマセン!当たったような外れたような…。とにかく天気に悩まされました。最初、中心にしたクルミナルは前哨戦のチューリップ賞で“道悪”の影響で惨敗(11着)していたため、金曜日から降り続いた雨が気になり、原稿を出す直前まで馬場が乾くかどうかヤキモキ。悩んだ末に、乾かなかった時のことを考えて、7.クルミナルを15.ココロノアイに変える手も、と2段構えにしてしまい迷わせてしまったのでは、と気になっています。実は当日の昼休みにトークショーがあり中央のステージに行くのに本馬場を歩いて行ったのですが、その時点は稍重の発表(レース時は良馬場)も思った以上に乾いていると最終的には7.を中心にした方にしましたが、皆さんはどうされたのか。なんとか的中を、と慎重になり過ぎそれがかえって迷わすことになり申し訳ありませんでした。
さて、その桜花賞。1.6倍と圧倒的な支持を受けたルージュバックは見せ場すらなく9着と惨敗。圧倒的人気の馬が馬群に沈むケースはこれまでにも見てはきましたが、ここまで何も出来ずに惨敗するケースは珍しいです。スローペースにもかかわらず位置どりが後方過ぎ、初めての多頭数で馬混みで動きがとれなかった等々いろいろ敗因が語られていますが、レース前から個人的に気になっていたのが調教です。馬の気の向くままに走らせたから影響はない、と言われましたが2週にわたっての早い時計は成長途上の若い牝馬にキツ過ぎた?のでは、ということです。あくまで勝手な想像です。陣営は「わからない」とひと言でした。
我が中心馬クルミナルは2着とよく追いあげてきましたが、スローペースに落としてマイペースで内ピッタリを逃げたレッツゴードンキとは違い過ぎました。レッツゴードンキはなにもかもがうまくいき岩田騎手も涼しい顔をしていました。クルミナルの須貝調教師は当方の顔を見るなり「オークスや!」とひと言。当然期待です。レース前は東の風、と思いましたが終わってみれば西の風でした。オークスはどうなるか、若い牝馬は特に難解です。

清の言いたい放題

中山11R 第75回 皐月賞(GI) 芝 2000m

◎5.リアルスティール
前走(スプリングステークス)、キタサンブラックに負けたとはいえ、ゴール前、クビ差まで詰め寄った脚は見所充分。福永祐一騎手はキッチリと差しきったと思ったようですが。馬体重が506kと、それなりの仕上げだったのも原因。本番では当然、ビシッと仕上げてくるでしょう。スケールの大きさが感じられ2戦目の共同通信杯で人気のドゥラメンテに勝ったのも評価出来ます。

相手
3戦3勝の8.サトノクラウンに7.キタサンブラック
巻き返し必至、負けて強しの2.ドゥラメンテ
2才王者の叩き2走目15.ダノンプラチナ
早々に開花していた1.ブライトエンブレム
走り馴れた距離で10.ベルーフ
もう一頭、12.ベルラップ

買い目
馬連 リアルスティールから 相手 7頭。
3連単 リアルスティール軸1頭マルチ 相手 7頭。
馬連 (5)から(1)(2)(7)(8)(10)(12)(15)
3連単 (5)軸1頭マルチ 相手 (1)(2)(7)(8)(10)(12)(15)

携帯サイトのご案内

「競馬BEAT携帯サイト」では、杉本さんの他場レースの予想も掲載。「競馬BEAT携帯サイト」へは、お使いの携帯電話のメニューリストのメニュー⇒TV⇒関西テレビ⇒競馬BEAT からご覧になれます。または、右のQRコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。

競馬BEAT 携帯サイト

関西テレビ ページトップへ戻る