競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2014年10月24日

清の言いたい放題

先週の秋華賞、如何だったでしょう。京都内回りの怖い?難しい点が出ました。
圧倒的人気のヌーヴォレコルトは4番という絶好の枠順からも、5、6番手の位置どりかと思ったんですが、ユッタリと行ったというか思いの他、中団よりうしろの位置どりになってしまいました。一週目のゴール板前で6番枠から出たショウナンパンドラに前へ入られ、それが最後の最後まで響いたように思いました。
その内回りを意識してか、ヌーヴォレコルトより前に出て内々をソツなく立ち回った浜中騎手の好プレーが目をひきました。ヌーヴォレコルトは4コーナーで強引に大外へ出ましたが、それがレース後の岩田騎手が言っていた「内、外の差」につながります。
それと、凄い手応えで直線に入って一気に先頭に立ったタガノエトワールが追われるごとに外へ外へ寄り、その外からきていたヌーヴォレコルトと馬体が接触したのもヌーヴォレコルトにとっては少なからず痛かったのでは――。
ローズステークスのようなスムーズな競馬ではなく、悔いの残るヌーヴォレコルト陣営だったでしょう。
いずれにせよ、上位3頭は抜けていて、今度顔合わせをした時、どうなるか興味があります。
個人的には2走目という本番でこそ、と注目していたレッドリヴェールはヌーヴォレコルトを見るような形でしたが、4コーナーでヌーヴォレコルトがスパートしても一緒に行けず、反応が今イチでした。これにはちょっと首をかしげざるをえません。
バウンシャッセにしろ、レッドリヴェールにしろ、牝馬に混じってレースをした後というのは駄目なんでしょうか。そういう点では今更ながらですが“ウォッカ”という馬は強かったんですね。
馬券の方は一応的中したんですが、個人的には欲で軸2頭にしてマルチも買っていたので大損です。軸2頭は厳禁にはしているのですが、ひょっとして、と思う気持ちが頭をもたげ、いつも後で反省しています。
今後、どうするか悩んでいます。

清の言いたい放題

京都11R 菊花賞(GI)芝 3000m
◎15 ワンアンドオンリー
前哨戦の神戸新聞杯で本番用のレースをして大接戦を勝ちきった力はやはりダービー馬。横山典騎手も更に手応えを得たでしょう。2走目の方が更に力を出せるということで文句なしの中心です。

相手
超安定感の14.トゥザワールド。
京都なら一発がある7.トーセンスターダム。
前哨戦で自信をえた2.トーホウジャッカル。
に、4.サウンズオブアース。
秋華賞の勢いを菊花賞でも6.ショウナンラグーン。
追い続けている9.ハギノハイブリッド。
もう一頭12.タガノグランパ。

買い目
馬連 ワンアンドオンリーから 相手 7頭。
3連単 ワンアンドオンリー軸1頭マルチ 相手 7頭。

携帯サイトのご案内

「競馬BEAT携帯サイト」では、杉本さんの他場レースの予想も掲載。「競馬BEAT携帯サイト」へは、お使いの携帯電話のメニューリストのメニュー⇒TV⇒関西テレビ⇒競馬BEAT からご覧になれます。または、右のQRコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。

競馬BEAT 携帯サイト

関西テレビ ページトップへ戻る