競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2015年1月23日

清の言いたい放題

好天のもとで行なわれた日経新春杯。テンポイントのアクシデントを知る者として何年経っても天候、馬場状態が(このレースに限っては特に)気になり、全馬無事での気持ちが特に強くなります。
そんな好天の中での日経新春杯でしたが、アドマイヤデウスが最内から鮮やかに抜けきりました。東京優駿(日本ダービー)7着以来の7ヵ月半振りでしたが古くから言われてきたように、ダービー帰りは強い!と言われているようになりました。なんといっても7着ですからね。でも、470K台の7ヵ月振りだけに印をつけきれませんでした。まだ4才馬であり、当然これからの活躍が楽しみです。
人気を集めていたサトノノブレスは58Kのハンデ頭もあったか、いい所なしに終わってしまいましたが、ハンデ戦だけにどう評価するか難しいところです。
期待し、追い続けているハギノハイブリッドは絶好の仕上がりに見え、レース振りも申し分なく、「よし、これなら!」と思った4コーナーから京都新聞杯を勝ったような脚は出ず、ジリジリと伸びただけで6着に終わりました。菊花賞以来だっただけに次走、もう一度、期待します。
川田騎手、絶好調です。中山10R、初富士ステークスで最外13番のラングレーで差しきるや、続く11Rの京成杯(GIII)でも大外17番のベルーフで大接戦を制しました。なんといっても、ハープスターでの経験が大きいでしょう。馬が人を育てます。
来年の牡馬クラシック戦線、続々と出てきますね。勝って強さを認識させたベルーフに道中、首を左右に振りながら折り合いを欠いてもハナ差の2着に持ち込んだブラックバゴ等々面白くなりそうです。それからもう一頭、牝馬の方では紅梅ステークスで出遅れながらも直線、凄い脚で差しきったコンテッサトゥーレ。ディープインパクトの仔で2戦2勝ですから夢は大きく広がったと思います。
馬券の方だけが相変わらずの成績で寒い思いをさせスミマセン!
最後に19日(月)、久し振りにお伊勢さん参りをしました。好天で最高でした。ご利益(笑)を!

清の言いたい放題

中山11R アメリカジョッキークラブカップ(GII) 芝 2200m

◎ゴールドシップ
有馬記念から丁度1ヵ月。更に調子が上がっている。多言の要なし。文句なしの中心です。

相手
昨年、大飛躍したエアソミュール
このメンバーでフェイムゲーム
高い能力のショウナンラグーン
強いメンバー相手でも安定クリールカイザー
横山典弘騎手で楽しみフラガラッハ
日刊スポーツ賞中山金杯(4着)から体調アップのパッションダンス
もう一頭ディサイファ

買い目
馬連 ゴールドシップから 相手 7頭。
3連単 ゴールドシップ軸1頭マルチ 相手 7頭。

個人的にはフラガラッハへの思い入れが強く3連単はゴールドシップとの軸2頭マルチにして 相手 6頭も考えています。参考までに。126点か、危険でも36点かです。

携帯サイトのご案内

「競馬BEAT携帯サイト」では、杉本さんの他場レースの予想も掲載。「競馬BEAT携帯サイト」へは、お使いの携帯電話のメニューリストのメニュー⇒TV⇒関西テレビ⇒競馬BEAT からご覧になれます。または、右のQRコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。

競馬BEAT 携帯サイト

関西テレビ ページトップへ戻る