関ジャニ∞のジャニ勉

毎週水曜 深夜0:25~1:20

“ジャニ勉10周年で心機一転してみましてんTEN”会見

放送開始から10年を機に「関ジャニ∞のジャニ勉」がリニューアル!
スーツ姿の7人が「オトナの秘密基地」で、ゲストとこだわりを熱く語り合う!
進化を続ける∞の新たな一面が!大人の魅力あふれる∞に大注目!

カンテレで毎週水曜深夜にお届けしている『関ジャニ∞のジャニ勉』が、この春でスタートから丸10年を迎えます。関ジャニ∞(横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義)が地元・関西に、基本・隔週で帰ってきて、大阪のカンテレ本社で収録している番組です。関西ローカルですが、現在は、カンテレ・フジテレビ系を中心に、全国の放送局20社(カンテレを含む)で放送されている、関ジャニ∞の冠番組です。
この度、3月29日(水)OAからリニューアルが決定しました!

セットも一新し、「オトナの秘密基地」のようなワクワクする空間になります。しかも、新しくするだけではなく、これまでのジャニ勉セットに置かれていた小道具や、「∞」マークの飾りなどに新たに手を加えて味を足して、見事よみがえらせ、新セットに潜ませているというこだわりも。衣装も、大人の魅力あふれるステキなスーツで登場し、ゲストをお迎え致します。

メインコーナーとして「関ジャニ∞の頑固道」をスタート。関ジャニ∞やゲスト、そして一般の人々が大切にしている、それぞれのこだわり=「頑固道」を、熱く語り合うトーク企画です。ゲストのトークを引き出して、ゲストの知られざる「頑固道」を徹底解剖するとともに、「∞の頑固道」として関ジャニ∞メンバーが、自らの男気溢れる考えや思い、こだわりを発信。

これまでの10年間の『ジャニ勉』で勉強しインプットしてきたことを、これからどんどんアウトプットしていきます!「頑固道」を紹介するVTRの中には、関西ジャニーズJr.がリポーターとして登場する回も!リニューアル初回の放送となる3月29日OA回では、安田章大さんが頑固道を披露。

次回の4月5日OA回では、横山裕さんの頑固道について語り尽くします。

他にもセットのバーカウンターを使って「お互いをどう思っているのか?」をトークすることで関ジャニ∞メンバーの素顔をあぶり出すエンディングコーナーも登場。「一番、努力家だと思うメンバーは?」「一番、デリカシーがないのは?」など、∞メンバーしか語れないテーマで赤裸々トークします。
∞メンバーから2人ずつがロケに出て、地元・関西の街ブラをし、関西のええやん探しをする大好評のロケコーナー「2/∞」は、引き続きお届けします。

3月15日(水)にカンテレ本社でリニューアルの初収録が行われ、その後、メンバー全員が出席して、“ジャニ勉 10周年で心機一転してみましてん”会見を開きました。

関ジャニ∞メンバーコメント

横山裕さん:10年という節目の年にリニューアル、心機一転ということで、攻めの姿勢というか、まだまだ前を向いて行こうというスタッフさんと関ジャニ∞の温度感が、見てくれている視聴者の方に少しでも伝われば嬉しいです。それぞれ頑固道みたいなものがあると思うんですけど、自分では普通なんですけども他人が聞くと「それおかしいぞ!」っていう、その熱量のズレが面白さになってくると思うので、是非その辺を自分と照らし合わせながら見て頂けたら楽しいなと思いますので、今後ともジャニ勉をよろしくお願いします。


渋谷すばるさん:「テレビやりますよ!」っていう感じやなく、自分らの部屋にフラッと遊びに来て頂いたみたいな感じで。普通に楽しくしゃべって「あぁ、もう終わりか…」みたいな感じの収録でした。こういう空気だからこそ引き出せた話もいっぱいあったと思うんで次回からも楽しみです。昔からずっとやらせてもらって、とにかくスタッフの皆さんが関ジャニ∞を、ありがたいことに愛情持って愛して頂いているというのがいつも伝わって。僕ら7人で、それに対してどう返せるかっていうキャッチボールをずっとやってて、気付いたら「あっ、10年経ってたんや!」みたいな感覚で。これからも楽しくのんびりこのキャッチボールが続いて、気付いたら「あっ、20年経ってた!すげ~な」とか、気付いたら視聴者の皆さんにすごく楽しんでもらえてたりしたなら、そんな幸せなことはないなと思うので、これからも素敵なキャッチボールがずっと続けばいいなと思います。


村上信五さん:大人っぽい雰囲気でやっていこうというコンセプトがありましたから、衣装もこういった形でシックになりました。話す内容は、今まではゲストの方の話を基本的に聞きながら勉強していこうというのが大枠でしたけど、今回からは知られざるメンバーの頑固道ということで、我々のこだわりもたくさん出てきます。メンバーの新たな一面も楽しんで頂けたらなと思います。今、ジャニ勉を見てくれている視聴者の方々が、ただ見て「楽しい!」だけじゃなくて、「この世界で仕事してみたい!」とか、テレビの世界で出る側だけにじゃない興味を持ってくれるような番組作りも、これからは考えていきたいなと。「ずっと見てた番組なんです!」って、そういった声が聞けるような番組作りがしていければなと思います。


丸山隆平さん:10年間ジャニ勉でやらせてもらえたからこそ、こういったリニューアルの方向で、コーナーを分けずに、収録がまわり出したら区切らずにその空気のまんま行けるっていうのは、やっぱりある程度のスタッフさんとの信頼が無ければだめだと思いますし、10年間ジャニ勉としてやって来たこの7人の空気があるからなんだなって思うので、ある意味託されたような思いで収録させてもらいました。みんなが笑って、みんなが和んで、時に自分の人生の何かに引っかかるような、そんなバラエティー番組を作り上げていきたいなと思います。


安田章大さん:大人になった関ジャニ∞も楽しんでもらえる番組になったのかなと思います。みんなの前で「僕、こう思ってるんです!」って言えるのが、この頑固道やと思うんで「こんなんやってるんです!」って。なので、この番組は「話し場」になればいいなって、ちょっと思ってたりするんで、恥ずかしがらず自分が思ってることだったり、自分が感じることをぶつけあえる場所になればいいなぁって思います。


錦戸亮さん:10年前って僕、22で、今32ですから。年相応のこともして行かなあかんなとも思いながらも、やっぱりこうやってメンバーだけで、メンバー揃って大阪で収録するのってこの番組だけなんで、ここでの僕たちのメンバー間の感じやったり、やっぱりまだ子供な部分も出ちゃうと思いますけども、「リニューアル大成功だね!」って言われるような内容にしていけたらいいなと思います。楽しみながら今まで通りやっていけたらいいなと思います!


大倉忠義さん:がっつり自分らのエピソードも踏まえながらトークだけで任せていただけるということは、すごくありがたいことでもあるし、トークだけで「見たいなこいつら」って思って頂けなければ、これからも続けられないと思うので、もっといろんなことが求められるっていうようなところで、今までの自分らじゃいけないし、これからもっと向上心を持つっていう意味合いも込めてのリニューアルだという風にも感じますので、僕らのいい部分も出しながら、もっと進化していける、続いて行けるように努力していきたいと思います。

丸10年の節目を通過点に、7人のオトナの魅力が加わり、ますます関ジャニ∞の魅力あふれる番組にパワーアップする『関ジャニ∞のジャニ勉』。これからも、ずっと、ご期待ください!

関西テレビ ページトップへ戻る