関ジャニ∞のジャニ勉

毎週水曜 深夜0:25~1:20

※2月22日(水)の放送は、深夜0:26~1:21です。

2月22日(水)

ゲスト

かまいたち

かまいたち

内容

カッコイイ!唄って踊れて笑いも取れる!従来のアイドルの枠を超えて成長する関ジャニ∞がゲストを招き、「共感できるかできないか」をテーマにトークを展開!

東京でも活躍する今注目の若手コンビ、かまいたちがゲストに登場!

1番愛しているのは猫!!猫を愛しすぎる山内のマル秘プライベート映像公開!
しかし!愛しているのは猫だけではなかった!?猫がきっかけで出来たという彼女とのプライベート写真も公開!

濱家が自宅で作る本格スパイスカレー作りに密着!&自宅を公開!!
プロ顔負けの自家製カレーにエイトも思わず大興奮!
さらに!カレー屋さんを集めた飲み会で語られる衝撃の事実とは?

「エイトと一緒にしたいねん!」のコーナーでは、東京でさらなる活躍を目指し、それぞれが得意な一芸を披露!その芸が全国で通用するのかエイトがジャッジ!
濱家のドヤ顔が止まらない!?プロ並みのトランプマジックにスタジオ大盛り上がり!
ビンタされても電流が流れてもノーリアクション!?山内が披露するノーリアクション芸で事件が起きる!?

関西の街でみかける「ええやん!」を発見するコーナー「2 / ∞」(エイト分の2)は大倉&丸山が「弁天町」をぶらり!

「女子の気持ち知ってんKNOW」、今回のテーマは「好きな相手を落とすメール術」。
かまいたちの2人は世間の女性の気持ちを分かっているのか!?

ロケ・収録後コメント

大倉忠義&丸山隆平「2 / ∞」 大阪・弁天町ロケ感想コメント

大倉忠義コメント

Q.今日の街ブラは弁天町でしたがいかがでしたか?
人がいいですね。いい人が多かった。何なんやろう。港町だからかな?人が優しいなって印象が大きかったですね。

Q.今日は丸山さんとペアでしたけど、お二人のいつものいい空気感が出て、正直めっちゃ笑ったなと思ったんですけど、大倉さん自身はいかがでしたか?
めっちゃ楽しかったですよ。マルのいい部分がいっぱい出てますよね。はい(笑)。

Q.そうですよね。大倉さんも最初から上手いこと受けつつ流しつつだったなと思います。
いやいや(笑)。普段通りですよ。いつも通り(笑)。

Q.前に大倉さんに「最後丸山さんとですけどどうされます?」って聞いてたら、「丸が喋るの全部受け止めよう」っておっしゃっていて、京都出身やのに大阪懐かしいっていうからそれが本当かつき止めたいっておっしゃってました(笑)。
あ(笑)。忘れてましたそれ。すっかり(笑)。

Q.じゃあ、また次回ですね。
そうですね(笑)。

Q.弁天町は、大阪にいらっしゃった時代に来たりとかは?
あのね、昔プールとかには来てたかな。今は違う施設になってるかも知れないんですけど。その時は3~4回くらい来たことあったんですけど。でも、なかなか来ないですね。けっこう住宅街だしね。

Q.改めてぶらりしてみて人の優しさとか結構感じられて。
そうですね。いい街だなと思いますね。

Q.ロケでは、創業70年の赤丸食堂も行きましたけれど、いかかでしたか?
いや、ほんまに美味かったです!チキンカツ。70年続くっていうのには理由があるなって思ったんですけど、やっぱ美味しかったですね。デミグラスソースが絶品でしたね。そういうB級グルメの良さが全面に出てましたね。納豆も美味しかったです。

Q.商店街では「ジャニ勉は行くよね」っておっしゃっていましたけど、いかがでしたか?
やっぱり大型施設みたいなのがいっぱい出来てきて、なんか商店街がちょっとさみしくなっているのを感じますよね。でも独特の商店街の雰囲気っていうのが。僕らは小っちゃい頃、商店街で買い物したりしましたからね。だから懐かしさもありつつ、無くなって欲しくないなって思いますね。

Q.丸山さんは100m走も。ああいうのが生まれるのも、2人だからこそで面白いなって思います。
あれは完全に走らされてたな(笑)。

Q.今回のオープニングで大倉さんは「ジャニ勉は公園前からスタートが多い」とか、いつもロケ中に気づきがすごい多い方やなと思います。
気付いたらそうやなと思ったんです。「何で?」って(笑)。別に歩きながらオープニングでもいいのになって(笑)。

Q.ソースを作っているソース屋さんに行きましたけど、また大倉さんの器用な面がでましたね。
いやいや(笑)。あれは偶然ですけど。あれをずっと毎日やってらっしゃると考えるとすごい仕事だなと思いますね。

Q.1人で味を守っておられる感じでしたよね。その流れでお好み焼き屋さんに行きましたけど、どうでしたか?
あそこめっちゃ美味しかった!やっぱ、違うんですよね。大阪の鉄板焼きって。東京でも鉄板焼き屋っていっぱいあるけど、ああいうずっと何十年やってるところの味って違うんです。久々に地元の美味しいお好みっていったヤツを。

Q.ソースの味も酸味があって美味しいっておっしゃってましたね。
うん。やっぱり合いますね。お好みにすごい合うソースだなと思います。

Q.大倉さん、粉もんってお好きですか?
粉もんね、普段あんま食べないけど。こっち帰って来たら頂いたりするし、差し入れで。それで食べたりはするけど。普段食べない分、美味しかった!

Q.あと、めちゃくちゃ笑ってたエアリエルティシュー(笑)。
いやぁ、もう笑わしてもらった。良かった。多分僕を困らせようと思って企画されたと思うんですけど(笑)、マルがたまらんかった。

Q.狙ってできる事じゃないですからね~(笑)。
ね~(笑)。あんなん出来ないですよ(笑)。マルって本当にね、運動神経悪いんですよ。昔からね。『ほんじゃに!』時代からね。あんなことなるんです(笑)。

Q.大倉さんも大変そうでした(笑)。
あれ、むずいんですよね。しかも2人とも体重重いし。ああいうのは、安とかにやらせなきゃいけないのに、何で俺にやらすんやって思いながら。悪意感じますよ、スタッフの(笑)。

Q.今年一番笑ったって言われてたので、楽しさがとても伝わってきました!
(笑)。ずっと笑ってましたからね。あそこにいる時。

Q.高いビルのホテルのレストランはいかがでしたか?
サービスがいいですよね。人を幸せにするというか、ハッピーなサービスをやられているというかね。いいところだなと思いますね。

Q.今日のロケで全員の組み合わせでコンプリートしました。ロケ全体を振り返っていかがでしたか?
大阪の街がだいぶ変わっていってるけど、行ったこと無いとこだったり、変わったところだったり、このロケが無かったら知ること出来ないですからね。それが面白いなと思いながらね。

Q.今回のロケはいっぱい見どころあると思うんですけど、一番はここだなというのをお願いします。
それはもうアクロバティックなところ。何とかティシュー(笑)?じゃないですか。のマル(笑)。マル、たまらないっすよ(笑)。

Q.2017年の抱負で、ジャニ勉をちょこっと絡めて頂ければと思います。
これまで以上に頑張っていくっていうのはもちろんなんですけど。ジャニ勉も流れてるとこ流れてないってとこがまだあるから、やっぱ全国に流れるようになっていって欲しいし、なれるように頑張らなきゃなと思ってます。

Q.500回もありますしね。
そうですね!!

Q.いま、お腹いっぱいですか?
(笑)。ほんまにお腹いっぱい。

Q.このロケ毎回そうです。大倉さんじゃないとこうならないです。大倉さんがいると美味しいもの引き寄せるとか。
(笑)。いやいや、仕組まれてるんですよ(笑)。

丸山隆平コメント

Q.今日は弁天町でしたがいかがでしたか?
そうですね、とても人が温かくて、ニコニコしてる方が多かったなぁっていう印象ですね。

Q.弁天町に遊びに来られたり来た記憶はありますか?
弁天町に遊びに来た記憶はないけど、まぁ、海遊館やUSJが近いんやっていう印象は、今日再認識しましたね。名前は知ってましたけど、改めて来ることはなかなか無いので。美味しいところいっぱいあるなって思いましたね!

Q.最初に行った創業70年の赤丸食堂はいかがでしたか?
美味しかった。全部美味しかったなぁ。一番印象に残ったので言ったらやっぱり、大倉くんが頼んだ天保山チキンカツが、ソースが美味しかった。揚げ物は基本的に大好きなんですけど。デミグラスソースも好きで。結構美味しかったなぁ。

Q.丸山さんは粕汁も頼んではりましたね。
甘かった~。やっぱりお店によって味が違うんやと思いました。実家の味とはまた違って。甘さが凄い際立ってて。

Q.甘い粕汁やったんですね。
基本的には粕汁というのは甘いめだと思うんですけど。かなりお野菜の甘みが出てんのかなぁ。

Q.大好きな鮭(シャケ)。
鮭(シャケ)が好きって訳じゃないよ(笑)。

Q.じゃなかったでしたっけ?勝手に鮭(シャケ)好きやと思ってました(笑)。
言葉の響きが好きってだけなんよ(笑)。シャケ!言うてみて!

Q.シャケ!
(笑)シャコ!

Q.シャコ!
(笑)うん。シャメ(笑)!シャっていう歯切れの良さが好きなんで。っていう話なんやけど(笑)。

Q.ありがとうございます(笑)。では、ロケで商店街行きましたけどどうでしたか?
商店街の韋駄天さん。まさかあんな豪華なコラボレーションで作られてるとは知らなかったんで。せんとくんをデザインした方と。あと、字が格好良かったね。ほんまにプロの方が書いたようなやつに見えたので。やっぱ弁天町自体が、地元の人に愛されてる街やっていうのが商店街見ると分かりますね。商店街の雰囲気でその街の良さだったりだとか。商店街はその街の血管やな(笑)。

Q.血管?血の管?
そう!

Q.そのこころは?
血管ってすごい大事じゃないですか!そこに流れている血が新鮮じゃなかったら、やっぱり詰まって、脳梗塞だったり心筋梗塞だったりっていう訳ですから。血管がやっぱいかに潤っているだとか、景気がいいかとか、体にとってはミソな部分だったりすると思うんで。街にとってもミソな部分っていう意味で、街の血管やな(笑)。

Q.100mも走っちゃいましたね?
そうですね。走っちゃいました!

Q.足速い!
いや、僕速い方じゃないんで(笑)。僕自分では短距離は苦手としてたので。

Q.3000mでしたね。
そうそう。長距離の方だったんで。まぁ、一生懸命走りましたし。街の放送でも走ることを言われて、すごい頑張ろうって思って。今出来る限りの一生懸命で走ってみました。楽しかったです。

Q.一生懸命の丸ちゃんは、見てて素敵です!
(照)ありがとうございます(笑)。

Q.ソース屋さんはいかがでしたか?
美味しかった!買物でもソース選びってあんまりしたこと無いんですけど、大阪にあんなにいっぱい種類のソースがあるって知らなかったです。人の手で作った温かみというか、手作りの温もり感のあるソースでしたね。それこそ街で愛されてる、地元で使われてるソースだったりするっていう意味では、こだわりのソースだなっていうのは感じましたね。

Q.ラベル貼りはいかがでした?
難しかった。なんか大倉くんが簡単にやってるから(笑)。店主も大倉くんも。だから簡単なんかなと思ってやったら、見事に失敗したので(笑)。あぁ、難しいんや~って思いました。

Q.そのソースをお好み焼きに使っているお好み焼き屋さんにも行きました。
やっぱりお店って味も大事ですけど、人がそれ以上に大事だなって。同じぐらい大事やなって思いましたね。あそこもご夫婦で長くされてるんでしょうけど、地元に愛されてる感がありましたね。人柄もいいですし、心があったまりましたね。美味しかったですし。ソースを上手く活かす調理の仕方をされてるんだろうなって思いましたね。

Q.エアリエルティシューは?
あれね~。ちょっと体の使い方が他の競技やスポーツとは違うんだなと思いましたし、思い通りにはいかなかったですね。でも楽しかったですよ。ああやって新しいこと体験して挑戦して。体を動かすっていうのは、とても脳にも新鮮だし。先生も優しかったですしね。若い20代の先生、説明上手いし、テレビ慣れてんのかなっていうぐらい。人に教えてるからでしょうね、普段ね。すごくしっかりされた好青年で。とても印象も良かったですし。一緒に仕事してて気持ち良かったです。

Q.アクロバットも最初は「こんなん出来へんかも」っていってたのに…。
出来たとは思わないですけど(笑)。体をむりくり動かしたって感じで。でも、貴重な体験でした!普段やろうと思ってもやらない動きだったりするんで。未知なゾーンでしたね、あれは。

Q.大倉さんが今年一番笑ったっておっしゃってました!
いや、嬉しいね(笑)!笑かすつもりじゃなかったんですけど。全く笑かすつもりじゃなかったんですけど。面白かったですね。エヘヘ(笑)。

Q.丸山さんと大倉さんのロケ、楽しい(笑)。
楽しかったです。楽しいですけど、疲れるね、笑いすぎて(笑)。笑い疲れって幸せなことやなと思いますけどね(笑)。

Q.お二人の空気感というか。
そうですね。やっぱり、∞メンバーは人によって空気が変わるから、楽しいっすね。

Q.高いビルにあるレストランはいかがでしたか?
いいですね。なんか大人な感じというか。もう僕たちも30超えましたから。ああいうところにしっぽり男同士でも同僚とかとでも、それこそお世話になった方とか両親とか連れてったりしても、いい年になったんだなって。なんか漠然と思いましたね。ああいう場所って特別だったりもするし。何より従業員の方のサプライズしようとか、イベントを組むとかもそうですけど、人の幸せが伝染するって素敵やなって思いましたし、いい表情されてましたよね。いいチームやなって感じました。いいですよね、ああいうイベントっていうのは。それが毎日だと大変やと思いますけど。素敵ですね。

Q.今回、大倉さんとペアでしたけどいかがでしたか?
楽しかったね~。めっちゃ笑ったわ。なんかね、たっちょんの笑いってうつるんですよね。何やろ、めっちゃうつるんっす(笑)。いや、笑いました。楽しかったし自由にやれましたね。久しぶりに1回ぐらいけっこう上手いことツッコめたなっていうところあったなぁ(笑)。

Q.大倉さんに?
(笑)いや、何かわかんない。ノリで(笑)。とても自然な素の自分がいたなぁ。

Q.それだけ気が合うってことなんですね?
(笑)気が合うかな?どうなんやろ?わからん、楽しい(笑)。とにかく理由はわからないけど、笑いのツボが似てるところがあるんかなぁ。

Q.今回のロケでメンバー全員とコンプリートされました!
終わったか。初めは亮ちゃんとやってんなぁ。企画の全貌がまだはっきりしない内からだったんで。スタンスは変わらないし。いい感じでしたよ。新鮮だし大阪のことも良く知れるし。歩くときとか、ここロケで来たなぁとか。梅田の裏とか中崎町とか…来たなとか思ったりします。大阪に思い出が増えました。でも続くでしょ、これ?

Q.はい!もちろん!!
ぜひ続けて頂きたいね。WESTくんと一緒に行ったりとかもいいかもしれないね。それはそれで変わってくるのかな?それはそれで面白いと思うね。

Q.この間、大倉さんと「あと残りは丸山さんです」ってお話をした時に、丸山さんが「京都の子やから大阪懐かしいって歩いとるけどほんまはちゃうねんで」って、それを確かめるために今日ロケするって言ってはったんです。
なんていう目線や(笑)。なんて目線だ(笑)。

Q.でもロケが始まったら楽しくて、それ忘れてたって、さっき言ってはりました(笑)。
(笑)。よっしゃ。よっしゃ。ハプニングが多過ぎた、今回は(笑)。思わぬ(笑)。表のTV上でもそうやけど、裏側でも変なハプニング起こったから(笑)。色々同時に起きたんですよ(笑)。

Q.今回のロケは、いっぱい見どころあると思うんですけど、丸山さんが思われる一番の見どころお願いします。
僕の思う見どころは、とにかく一緒に街を散策している気持ちになってもらえるといいですね。一緒に笑ったり、一緒に真剣になったりとか、一緒にTVの画面上から、この場に来てる感覚になってくれたら嬉しいなと思います。

Q.ありがとうございます。ちなみに大倉さんは「見どころは丸や」とおっしゃってます。
あははは(笑)。

Q.2017年だいぶ過ぎましたけど、2017年の豊富をジャニ勉も絡めて頂けるとありがたいです。
ここ最近メンバー全員でロケとか行けてないから、ジャニ勉でロケとか行けたら嬉しいですね。ゲストの方を交えて故郷めぐりでもいいですけど、なんかそういう、スタジオから外に飛び出して、みたいなこともあっても面白そうと思いますね。

Q.ジャニ勉が進化するみたいな?
そう。スペシャル企画みたいなんで。毎回ロケやとスタッフさんも大変やろし。だって2人だけでもこんだけスタッフさん走り回ってるから(笑)。

Q.最後におっしゃりたいことありますか?
ん~、愛してるよって。

Q.みんなに言っておきますね(笑)。
(笑)。言っといてくださいね。

関西テレビ ページトップへ戻る