関西テレビからのお知らせ

3/17(火)

関西テレビ春の改編に合わせロゴを一新。
槇原敬之が関西テレビへの応援歌をプロデュース!!

関西テレビでは春の改編に合わせて、2015年3月30日(月)より、新しいロゴが誕生します。
さまざまなコミュニケーションチャンスで、視聴者の皆様に共通したイメージでアプローチすることが目的で、混在していたマークを統一し、呼称も「カンテレ」に。
皆さまに愛され、長く親しまれるテレビ局をめざし、そのビジュアルの元となるブランドコンセプト=志を「超えろ。」に決定しました。
そしてチャンネル番号8をあしらった新ロゴが誕生!

カンテレ

関西テレビでは、3月30日から「超えろ。カンテレ」キャンペーンCMを放送予定。このCMは、関西テレビHPでも視聴可能となりますので、ぜひご覧ください。

さらに、この新VIコンセプト「超えろ。」をテーマに、関西出身の槇原敬之が楽曲を書き下ろしました。曲のタイトルはずばり、「超えろ。」
この楽曲は、「超えろ。カンテレ」のキャンペーンソングとしてCMでも使用され、「ゆうがたLIVE ワンダー」のテーマソング、そしてカンテレスピリットが込められた社歌としても使用いたします。
槇原敬之が関西ローカル番組のテーマソングを書き下ろすのは、初めてのことです。

■槇原敬之コメント

槇原敬之
この春でカンテレさんが大きく変わられるということで、そんな一大キャンペーンに参加させてもらえることを非常に嬉しく思っています。
曲を書くにあたって、今回、カンテレさんの社員の皆さんの想いとして、「超えろ。」というテーマで考えているということを見せていただいた時に、すごくその言葉が響いて。そのまま「超えろ。」という曲を書かせてもらったので、一緒に作らせてもらったような感覚です。

社員の皆さんがこんなことを考えながら仕事をしていたら、どんなに素敵な会社になるだろう、と思いながら作ったのですが、社員の皆さんだけでなく、そんなスピリットを持った人たちが作る番組を観るテレビの前の皆さんにも、日々感じるジレンマや馴れ合いとかに対して、「やっぱりこれじゃいけないんだ」と思ってもらうきっかけになるような歌にしたかったのですが、自分の曲の中でもありそうで、なかった曲になったので、とても気に入っています。

大阪で毎日夕方に僕のこの曲が流れることになるなんて、本当に嬉しいです。

「ドン、ドン」って、ずっとちっちゃい太鼓を叩いている、そんな応援歌っぽい感じなので、毎日この曲をテレビで聴いてくださる関西の皆さんに、そしてカンテレの社員の皆さんに、僕のエールが届けばいいな、と思っています。

関西テレビ ページトップへ戻る