関西テレビからのお知らせ

11/8(火)

FNNスーパーニュースアンカー
「左下半身まひの主婦 マラソン挑戦支えた家族」ABU賞受賞

ABU(アジア太平洋放送連合)賞の授賞式が11月7日夜、ニューデリーで行われ、関西テレビの夕方ニュース「FNNスーパーニュースアンカー」の特集「左下半身まひの主婦 マラソン挑戦支えた家族」(英語タイトル"Racing to Feel Normal- A Mother's Struggle with Paralysis")がテレビニュース部門の最優秀賞を受賞しました。

■ABU賞(部門最優秀賞)
FNNスーパーニュース・ニュース特集「左下半身まひの主婦 マラソン挑戦支えた家族」

【企画内容】
大阪市に住む女性、山下美里(やました・みのり)さんは、3年前の冬、手術の後で左下半身が動かなくなり、車椅子の生活となった。
障害を持った自分を受け入れられず、絶望した美里さんを救ったのは、彼女の回復を願いサポートに全力を注いだ家族の支えだった。
あるとき「歩行器」と出会った彼女は、車椅子から立ち上がり、歩くことができるようになる。
その後彼女はリハビリを続け、京都府で開かれたマラソン大会への出場を決意する。
ハンデキャップに絶望した一人の女性が、家族や友人の支えで、生きる喜びを実感するまでの記録。

【放送データ】
2010年11月25日
関西テレビ「FNNスーパーニュースアンカー」で放送

担当ディレクター:宇佐美 顕
カメラマン:樋口 耕平
編集:津田 久嗣

■ABU賞について
ABUは、ラジオ・テレビ番組制作の向上を図り、ABU加盟機関がある国・地域の人々の教育・文化水準を高めるとともに、相互の国際理解を促進することを目的として1964年に設立されました。ABU賞はその設立と同時に創設された国際ラジオ・テレビ番組のコンテストです。テレビ7部門(ドラマ/エンターテインメント/子ども番組/青少年番組/ニュース/ドキュメンタリー/スポーツ)ラジオ5部門(ドラマ/インフォテインメント/子供・青少年/ニュース/ドキュメンタリー)の最優秀作品にそれぞれABU賞が贈られます。今年は45の国と地域から214作品が出品されました。

関西テレビは過去に「子供の権利賞」受賞(2006年「くらやみにまけないでー虐待の記憶との闘い」、ドキュメンタリー部門 入選(2006年「ツバキ 初めての出産」)ABU賞の受賞は今回が初めてです。

関西テレビ ページトップへ戻る