ピックアップ

画像

『マティスとルオー展 -友情50年の物語-』
4月4日(火)~5月28日(日) あべのハルカス美術館
お得な<前売券>は4月3日(月)まで販売!ペア券はさらにお得!

展覧会の魅力

マティスとルオーは親友だった!

20世紀フランス絵画を彩ったアンリ・マティス(1869-1954)とジョルジュ・ルオー(1871-1958)。ふたりは強い友情で結ばれていました。

画像

アンリ・マティス
Photo:Archives Henri Matisse(D.R.)

画像

ジョルジュ・ルオー

出会いはパリの国立美術学校。ともにギュスターヴ・モローの指導を受け、頭角を表します。モローの教えは「内面をどう表現するか」。マティスは色と形で独自の世界を切り開き、ルオーは重厚なタッチで人間の生き様に迫り、宗教画家として大成しました。師の教えに導かれたふたりは、50年に渡って文を交わし、互いの画業と人生を励ましあいました。

本展では、両者の間に交わされた手紙を紹介しながら、初期から晩年に至るマティスとルオーの作品140点を展示、モローの影響を受けたふたりが、それぞれどのように自身の画風を確立していったのかを詳しく見ることができます。

画像

アンリ・マティス≪スヒーダムの瓶のある静物≫1896年
マティス美術館、ル・カトー=カンブレジ

~マティスの学生時代の作品も展示、その後の画風の変遷を体感できる~

画像

ジョルジュ・ルオー≪マドレーヌ≫1956年
パナソニック汐留ミュージアム

~ルオーは社会の底辺で暮らす人々を温かいまなざしで見つめた~

ナチスドイツ占領下の、マティスとルオー

作品の発表がままならなかった戦時下、マティスとルオーはともに出版を通じて表現を続けました。

雑誌「ヴェルヴ」にふたりが寄せたのは、フランスを象徴する女性の絵でした。

画像

画像

「ヴェルヴ8号」 1940年 うらわ美術館

~マティスは女性像を通じてフランスの誇りを表現した~

画像

ジョルジュ・ルオー≪聖ジャンヌ・ダルク-古い町外れ≫1951年
個人蔵(ジョルジュ・ルオー財団協力)

~同じ「ヴェルヴ8号」に、ルオーはジャンヌ・ダルクを描いた~

また、物資が不足し画材の調達にも困っていたルオーに、マティスが絵の具を送ると記した手紙も見つかっています。1940年代のルオー作品は、マティスが贈った絵の具が使われているかもしれません。

山田五郎アートトーク

画像

評論家として活躍中の山田五郎さん。中でも西洋絵画は一番のご専門です。山田さんをあべのハルカス美術館にお迎えし、講演会を実施します。
どうしてギュスターヴ・モロー教室からマティスとルオーというふたりの巨匠が生まれたのか。それは19世紀から20世紀のヨーロッパで起きた近代絵画の大きな変革と密接につながっています。山田五郎さんのアートトークで、美術鑑賞がもっと楽しくなります!

日時:4月21日(金)18:00~19:00
会場:あべのハルカス25階会議室(17階からエレベーターにお乗りください)
定員:270名(先着)
※聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要となります。講演会当日、17:30よりあべのハルカス25階にて受付開始。

プレゼント

今回は、『マティスとルオー展 -友情50年の物語-』ペアチケット(非売品)を5名様にプレゼント! ご応募お待ちしています!

画像

→プレゼントの応募はこちら

イベント情報

開催概要

『マティスとルオー展 -友情50年の物語-』
日程:2017年4月4日(火)~5月28日(日)
開館時間:火~金 10:00~20:00 / 月・土・日・祝 10:00~18:00
<ただし5月3日(水・祝)~7日(日)は20:00まで開館時間を延長>
入館は閉館30分前まで
休館日:4月10日(月)、17日(月)、24日(月)、5月8日(月)
会場:あべのハルカス美術館

料金

[当日券]一般:1400円 / 高校・大学生:1000円 / 小・中学生:500円
[前売・団体券]一般:1200円 / 高校・大学生:800円 / 小・中学生:300円
※団体は15名以上。
※障害者手帳をお持ちの方は当日料金の半額(付き添い1名まで当日料金の半額)
[前売ペアチケット]一般のみ:2200円(2枚組)
※1枚ずつでも使用できます。
前売ペアチケットはセブンチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスで販売。

→イベント詳細ページはこちら