ピックアップ

画像

「カンテレフレンズ」×映画『きょうのキラ君』のスペシャルイベントに
主演の中川大志さん、ヒロインの飯豊まりえさんが登場!
現役高校生からの質問に赤裸々に答えてくれました!

クラスの人気者で学校一のモテ男“キラ君”とそんな彼に恋した“ニノ”の胸キュンストーリーを描いた映画『きょうのキラ君』。2月25日(土)の公開を前に、「カンテレフレンズ」×『きょうのキラ君』高校生限定特別記者会見が開催されました! 今回は全国でココだけのスペシャルなイベントの模様をたっぷりお届けします!

2月11日(土)、朝早くからカンテレ本社に集まってくれたのは、多数の応募の中から選ばれたラッキーな15名(男子3名、女子12名)の高校生のみなさん。まずは映画を鑑賞して、『きょうのキラ君』の世界にどっぷりと浸ってから、お待ちかねの記者会見です! なんといっても、主演の“キラ君”こと吉良ゆいじ役の中川大志さん、そしてヒロインの“ニノ”こと岡村ニノン役の飯豊まりえさんが揃って登場し、質問に直接答えてくれるとあって、高校生のみなさんも緊張のドキドキと期待のワクワクで胸がいっぱいの様子。試写後でまだまだ興奮が冷めやらない中、さっそく記者会見のスタートです!

画像

大きな拍手で温かく迎えられた中川さんと飯豊さん。ついさっきまで見ていた映画の主人公とヒロインを前にして、「カッコイイ!」「かわい~!!」「顔、ちっちゃい!」「ヤバイッ!!」と、みなさん大興奮! 通常行われる記者会見ではありえない超至近距離での対面に、中川さんも思わず「近いっ!!」と大テレ。そんな中川さんは現役の高校3年生、そして飯豊さんは昨年まで高校生ということで、同年代の現役高校生からどんな質問が飛び出すのか興味津々! 「映画どうだった?」と気さくに感想を求める中川さんに対して、高校生のみなさんも「すごく良かった!」「めっちゃキスしてたやん!」と関西ならではのリアクションで返し、一気に和やかムードに!

最初の質問はスバリ!…「バレンタインの予定はありますか?」。中川さんは「バレンタインって13日だっけ?」と勘違いしながらも、「女の子はチョコレートをあげる立場だから、予定が分かるけど、男は分からないからね(笑)。14日は仕事だけど、当日楽しみにしています!」と期待を込めてのコメント。飯豊さんも「残念ながら別作品のお仕事が入っているけど、チョコレート作ろうかな~」とニッコリ。果たして、お2人のバレンタインはどんなだったのでしょうか??

続いて「バレンタインの思い出はありますか?」という質問には、飯豊さんは「これ、言っちゃっていいのかな~」と意味深発言!? 「高校2年のとき、クールでイケメンな男の子によく勉強を教えてもらっていたので、その子に“いつもありがとう”とメッセージを添えて、チョコレートを下駄箱に入れておいたんです。名前を書いていなかったのに、『字が間違ってるぞ』って言われたので、バレちゃっていたんですよね…そんな青春っぽい思い出があります」とプライベートを大公開! 一方、中川さんは幼稚園の頃を振り返り、「同じクラスの女の子から初めてもらったチョコレートが、原型が分からないくらい溶けていて…(笑)。ホワイトデーはお母さんと一緒にチョコレートを買って、その子の家まで自転車で行って、ポストに入れてきました」と初バレンタインの初々しい思い出を語ってくれました。ちなみに中川さん、質問した女の子に「バレンタインの予定は?」「彼氏はいるの?」と逆質問して、ドギマギさせていましたよ(笑)。

画像

次の質問は「高校の体育の授業で、好きだった種目は何ですか?」。バレーボールやバスケットボールなどの球技が好きだという中川さんは、高校最後の体育の授業でバレーボールをしたそう。「人生最後の体育だから頑張ろう!と思ったんですけど…自分のところにボールが来なくて、ボールを一回も触らずに試合が終わりました」と苦笑い。一方の飯豊さんは「ダンスの授業しか覚えていないんです」と振り返り、「通っていた学校はダンスをしている子が多かったので、キレキレのダンスやかわいいダンスを教えてもらいました」と華やかな高校生活を話してくれました。

そして、男子高校生からの「人前で緊張しちゃうんですけど、カメラ前でどうやって緊張をほぐしていますか?」という質問に、飯豊さんは「気を紛らわせるために、本番直前まで動いています!」と告白。また、普段からめちゃくちゃ緊張するという中川さんは「緊張するとお茶や水を飲んで、すぐトイレに行きたくなって、バタバタしてしまうんです(笑)。大勢の人の前では、人をじゃがいもとか野菜に例えたりするって、そういう人もいますよね」とアドバイス。すると、飯豊さんから「自分のことと違うんかい(笑)!」とすかさずツッコまれる場面も!? さらに、中川さんは「怒られたり、落ち込んだりしたときは地球を外から考えるんです。宇宙規模で考えたら、今の悩みもすごく些細なことで、緊張もほぐれるんですよね。あと、“超緊張する~”とか口に出して言ってしまった方がいいかも」と話し、飯豊さんも「緊張をしていることを楽しんだらいいよって私も教えてもらいました」と緊張のほぐし方をあれこれ考える2人の姿がとっても印象的でした。

画像

女子高に通っている女の子からの「どうしたら彼氏ができますか?」という質問には、中川さんが「他校の文化祭に行くのはどう?」と提案。飯豊さんも「趣味を通して出会いってあるんじゃないかな。例えば、私は音楽が好きなんだけど、ライブに行くと、同じ趣味の人に出会うので、急接近する確率は高くなると思うんです」と、どんどん人生相談の場に!? そんな中、ストレートに「好きなタイプは?」という質問も。中川さんは「明るくノリがよくて、家庭的な人。動物や子供が好きな人がいい」という言葉に、みんな大きくうなずき、聞き入っている様子。飯豊さんは「私は考え方が一緒の人。感性は違っても、価値観が同じ人がいいな」と答えてくれました。

最後の質問は、俳優志望の男子高校生から。「俳優さんや女優さんをやっていく中で、必要なことは何ですか?」と聞かれると、飯豊さんは「その時々で監督さんから“こうしてほしい”という指示があるので、それに忠実に応える対応力が大事だと思います」と話し、中川さんは「すべてのことに言えるけど、仕事は一人ではできないもの。一つの映画を作るのにすごくたくさんの人が関わっているので、そういう意味ではいろんな人の考えを聞くなど、コミュニケーションをしっかり取ることが大事だと思います。僕も一人でやっているんじゃないってことを今後も忘れないようにしたいです」とコメントしてくれました。

画像

まだまだ質問が尽きない中、あっという間に終りのお時間が!! 最後は中川さん、飯豊さんを囲んで記念撮影し、キラ君&ニノの姿がバラのブリザードフラワーにプリントされた「フォトローズ」を高校生のみなさんにプレゼント! 「今日はありがとう!」という感謝の言葉とともに、2人が目を見つめながら一人一人に直接プレゼントを手渡ししていくと、「ヤバ~イ!」「嬉しい!!」「すごく近かった!」「本物や~」「今日来て本当に良かった!」とみなさんのテンションは最高潮に!!!さらに、「高校生活楽しんでくださいね!」ととびっきりの笑顔で別れを惜しむ飯豊さんと、「気を付けて帰れよ!」とかっこ良くキメ台詞を残して会場を後にした中川さんに、最後までキュンキュンしっぱなしでした。

この日集まってくださった高校生のみなさん、朝早くから本当にありがとうございました! そして、この日のイベントに来られなかったみなさんも、是非、映画館でお待ちしています!

プレゼント

今回は、映画『きょうのキラ君』プレスシート(非売品)を5名様にプレゼント! ご応募お待ちしています!

画像

→プレゼントの応募はこちら

映画情報

『きょうのキラ君』
2017年2月25日(土)公開

→詳しくはこちら