関西テレビイベント

ストーリー
ストーリー

あらすじ

1940年、淳一(中山優馬)は若くして挿絵画家・人形作家としての確固たる地位と人気を得ていた。戦争が暗い影を落とす時代に、淳一が挿絵を描く雑誌『少女の友』は、多くの少女たちに夢と希望を与えるバイブルだった。
そんなある日、『少女の友』編集長の山嵜(佐戸井けん太)は、淳一に〝挿絵の少女画をモンペ姿で描いてくれないか?〟と持ちかける。
『中原淳一の描く少女画は敵性文化。かつ華美にして優雅、これは時局に合わない』
軍部からの圧力を受けた山嵜は、淳一の画風の変更か、雑誌からの追放かの苦渋の決断を迫られていたのだ。懇願する山嵜に対し、淳一はあっさりと〝ならば辞めます〟と言い放つ。それは、創作の場を自ら切り開いていく淳一の『挑戦』の始まりであった……。

戦中戦後の激動の時代、『美しく生きる』という信念を抱きながら活動を続ける淳一の、生涯をかけた一つの夢。そして、その果てに辿り着いた結末とは……?

【企画・制作】 関西テレビ放送
【協賛】ハイアールジャパンセールス株式会社
【協力】株式会社ひまわりや

お問い合わせ

東京公演
サンライズプロモーション東京
0570-00-3337(10:00~18:00)

福岡・小倉公演
スリーオクロック
092-732-1688(平日10:00~18:30)

兵庫・神戸公演
梅田芸術劇場
06-6377-3888(10:00~18:00)

関西テレビ ページトップへ戻る