関西テレビイベント

ビアトリクス・ポター™ 生誕150周年ピーターラビット™展

ビアトリクス・ポター™ 生誕150周年
ピーターラビット™展

【日程】
2017年2月11日(土・祝)〜4月2日(日)
【会場】
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
<カンテレフレンズ会員はチケットが100円割引>
カンテレフレンズ会員の方は、会員サイトにログイン後、
「ピーターラビット™展」ページを会場のチケット販売窓口で提示していただくと、当日券を100円割引でお買い求めいただけます。(会員1名様につき5名様まで有効) ※カンテレフレンズ入会は無料です。会員登録はこちら

MOVIE

開催内容

ピーターラビット™が、仲間たちと一緒にやってきました。
日本初の大規模な原画展が幕をあけます。

世界中の人々から愛され続ける「ピーターラビット」。その作者、ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念し、日本初の大規模な展覧会を開催いたします。

ビアトリクス・ポターは1866年7月、ロンドンで生まれました。幼少期から動物や植物のスケッチが大好きだったビアトリクスは、避暑地として家族と訪れた英国・湖水地方の豊かな自然に出会い、生涯魅了され続けました。ビアトリクスは絵本作家として得た収入をもとに念願だった湖水地方に移り住み、自然保護活動の先駆者、農場経営者としても活躍しました。

本展は、英国ナショナル・トラストが所蔵する貴重な絵本の直筆原画やスケッチ、彼女の愛用品など200件以上の作品・資料が出品され、そのほとんどが日本初公開となります。社会で女性が活躍するのが難しかった当時、強い意志とあふれる才能で時代を切り開いたビアトリクスの人生に焦点をあてながら、『ピーターラビットのおはなし』の原点や絵本シリーズの世界を展覧していきます。

CHAPTER1
第1章

世界中で愛され続けている「ピーターラビット」はどのように生まれたのでしょうか? ビアトリクスの創作の原点を探りながら、知られざる“ピーター”の誕生ストーリーに迫ります。第1章では、1901年に自費出版された最初の『ピーターラビットのおはなし』(私家版)の全原画44枚を日本で初めて一挙公開いたします。物語を知っている人も知らない人も楽しめるよう、『ピーターラビットのおはなし』を丁寧に読み解きます。

CHAPTER2
第2章

『ピーターラビットのおはなし』で一躍人気絵本作家となったビアトリクスは、自然豊かな湖水地方の田園を舞台に、動物たちが繰り広げるのどかでユーモラスな作品を次々と生み出しました。ここでは、水彩で描かれた絵本シリーズの自筆原画やスケッチ、草稿を公開いたします。なかでも1929年用『ピーターラビットの暦本』の原画はすべて初来日。ビアトリクスが作りあげた絵本の世界の魅力を探ります。

CHAPTER3
第3章

絵本作家としてだけでなく、自然保護活動家、農場経営者、商品プロデューサーという多彩な顔を持ったビアトリクスの人物像に迫ります。ビアトリクスが実際に暮らし、絵本にも描かれたヒルトップ農場はナショナル・トラストにより今も当時のままの姿で保存されており、その中から彼女が大切にしていた愛用品やぬいぐるみ、陶磁器などを紹介いたします。

AUTHOR
作者

ビアトリクス・ポターは1866年7月、ロンドンで生まれました。ピーターラビットシリーズは、1893年に家庭教師だったアニー・ムーアの息子のノエル少年に送った「絵手紙」から誕生した物語です。1901年、自身で『ピーターラビットのおはなし』の私家版を出版。1902年には白黒の線描画だった挿絵に色を付けてフレデリック・ウォーン社から出版され、最終的には24作の絵本を世に送り出します。
ロンドンから自然豊かな湖水地方に拠点を移し、晩年は牧羊と自然保護活動に力を注ぎました。彼女が実際に暮らし、絵本にも描かれたヒルトップ農場はナショナル・トラストにより今も当時のままの姿で保存されており、「ピーターラビット」を愛する多くのファンが訪れています。

THE NATIONAL TRUST FOR ENGLAND, WALES AND NORTHERN IRELAND
英国ナショナル・トラスト

英国ナショナル・トラストは、ビアトリクス・ポターが敬愛していたローンズリー牧師らによって1895年に設立されます。牧師の死後、その意志を受け継いだ彼女は、生涯を通じてナショナル・トラストを支持し、絵本の印税によって湖水地方の土地や農場を手に入れその保護に努めました。彼女の死後、遺言によりナショナル・トラストへ15の農場を含む4000エーカーの土地が寄付され、湖水地方は今も美しい景観を守っています。

公式サポーター

オフィシャルサポーター&音声ガイド

俳優
DEAN FUJIOKA
ディーン・フジオカ


俳優・アーティスト・映画監督として活躍中のディーン・フジオカさんが、ビアトリクスゆかりの地を実際に訪れ、その息吹を皆さんにお届けします。音声ガイドのナビゲーターとしても、ピーターラビットの世界へご案内します。

コメント 「3月に初めて英国・湖水地方を訪ねました『ピーターラビットのおはなし』の場面をなぞって歩くと同時に、作者のポターさんの人生の軌跡を学ぶ事で、より深く物語を感じる事ができました。英国は遠いですが、この展覧会に来てくれたら、ピーターラビットの世界と距離感が近づく素晴らしい機会になると思います。音声ガイドのナビゲーターは初めてですが、自分が感じた物語を皆さんにお伝えしていきますので、楽しみにしていただきたいですね。」

グッズ情報

この展覧会でしか手に入らない限定グッズが盛りだくさん!

※限定商品につき数に限りがあります。欠品の際にはご容赦ください。

開催スケジュール

日程

2017年2月11日(土・祝)~4月2日(日)
10:00~18:00 (最終入場17:30まで)
※2/19(日)は休館

会場

グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ

料金

グッズセット前売券

プチプレートセット券:¥1,900
ピンバッジセット券:¥1,700

前売(団体)券

一般:¥1,100
高・大学生:¥800
小・中学生:¥400

当日券

一般:¥1,300
高・大学生:¥1,000
小・中学生:¥600

※未就学児入場無料
※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は当日料金の半額(要証明書)
※団体料金は、20名以上。

チケット発売日

12月3日(土)10:00~

プレイガイド

ローソンチケット

インターネット申込み

Lコード:59200

ローソン各店舗、ミニストップ設置Loppi

チケットぴあ

インターネット申込み

Pコード:768-005

ぴあ各店舗、サークルK・サンクス、セブン-イレブン

イープラス

インターネット申込み

ファミリーマート店内「Famiポート」

セブンチケット

セブン-イレブン店内「マルチコピー」

阪神プレイガイド

梅田店・三宮店

チケットポート

三宮店・なんば店・梅田店

【主催】
朝日新聞社、関西テレビ放送、東映
【特別協力】
The National Trust for England, Wales and Northern Ireland
【協力】
ソニー・クリエイティブプロダクツ
【監修】
河野芳英(大東文化大学教授)
【後援】
大阪市教育委員会
【】

お問い合わせ

ハローダイヤル

050-5542-8600(8:00~22:00 / 年中無休)

関西テレビ ページトップへ戻る