TOPICS

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」制作発表会見

2017.04.06

4月6日(木)、都内で制作発表会見が行われ、出演者の小栗旬さん、西島秀俊さん、田中哲司さん、野間口徹さん、新木優子さん、長塚京三さんが登壇しました。

6人は、ドラマのオープニングテーマ曲、Beverlyの「I need your love」に乗って登場。

小栗さんは「世界的にはいろんな悲しい事件が起こっている中、これがいつか日本でも起こってしまうかもしれないということを描いていて、それと戦う男たちの物語となっているので、皆さんの心のどこかに引っ掛かっていればいいなと思っています」と挨拶しました。 一方、西島さんは「ついに皆さんに観ていただける時が来たんだな、と感無量です。放送後の皆さんの感想を今から楽しみにしています!」と作品の出来映えに自信を見せていました。

そんな中、田中さんは「初めて台本を読んだ時、もう本当に面白かったんです。長いこと役者をやっていますが、『ついに来たか、こんな良質な本が!』と思うくらい。もう『CRISIS』の大ファンなんです!めちゃくちゃ面白いです!!」と作品愛を熱く語ると、野間口さんと新木さんも「ハードル上げ過ぎてもいけないのですが…本当に面白いです!(笑)」(野間口)、「本当に面白い作品なので、ぜひ第1話から観てください!」(新木)と声をそろえてアピール。

また、長塚さんは「特捜班のみんなは身体で表現していて、僕だけがしゃべっている。でも、それがいい一体感となって一つの作品になっている」と作品の魅力を語りました。

“規格外のエピソード”について聞かれた小栗さんは「新木優子ちゃんがなかなかの“規格外”でした。男たちに囲まれた現場できっと緊張もしていたはずなのに、そんな姿は全く見せず一番どっしりしていました」と告白。さらに、2人でトレーニングをするシーンで新木さんのパンチが避けられなかったことを明かし、「主役の顔面になかなかのパンチを入れても(お芝居を)続けられるというのは、なかなかすごいなと…(笑)」と苦笑い。

そんな小栗さんの暴露に新木さんは「すみませんでした…。その時は当たったのかどうかも気付かなくて」と恐縮しきりでした。 また、西島さんは「特捜班が戦う相手はどんどん大きくなっていくのですが、小栗君がプロデューサーに『もっと強い敵を用意してくれ』って言ったらしく、本当に“規格外”の男たちが敵として現れる回があります。本当に凄かったので、その回は期待していただきたいです」と裏話を披露!

お互いの印象について聞かれた小栗さんと西島さんは、「西島さんはものすごくストイックな方というイメージだったんですけど、すごくナチュラルでチャーミングな方。野武士のようなイメージを持っていたのですが、それを覆されました!」(小栗)、「小栗君の印象はあんまり変わってないです。『座長としていろんな物を背負って現場にいるな』と感じました。人の心にぐいぐい入って来るので、自分の中では弟のように感じています」(西島)とそれぞれコメント。

さらに、お互いの弱点について聞かれると、西島さんは「小栗君はのめり込み過ぎ。アクションにものめり込んで、休みの日も撮影中の空き時間もアクションの稽古をしていた」と告白。すると、小栗も負けじと「それを言ったら西島さんものめり込むタイプ。そんな2人だから、途中からどっちが作品を愛しているかという競争になっていました(笑)。あとは、西島さんは身体から糖分が抜けると、あっという間に弱くなっちゃう」と明かし、会場を沸かせました。

バックナンバー

もっと見る
閉じる

バックナンバー

もっと見る
閉じる

「CRISIS」
公式LINEアカウント

友だち追加数

関西テレビ ページトップへ戻る