CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班

english

小栗 旬×西島秀俊

現在の日本ドラマ・映画界を代表する本格派俳優2人が民放連続ドラマ初共演!
直木賞作家・金城一紀が手掛ける骨太なアクションエンターテインメント!

CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班小栗 旬×西島秀俊

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、
規格外の男たちの活躍を描く!

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。
刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!

善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況!
それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、彼らを待ち受けているのは?

小栗 旬、テレビドラマ2年半ぶりの主演作で西島秀俊と民放連続ドラマ初共演!

4月期のカンテレ・フジテレビ系火曜よる9時連続ドラマが、小栗 旬さん主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』に決定しました。小栗さん演じる主人公・ 稲見 いなみあきら を始めとする公安機動捜査隊特捜班の活躍を描くアクションエンターテインメントで、小栗さんにとっては、2014年10月期の『信長協奏曲』以来2年半ぶりのテレビドラマ主演作です。さらに、稲見と共に特捜班に所属する 田丸 たまる 三郎 さぶろう 西島秀俊さんが演じます。硬軟を問わず数多くの話題作に出演し、高い演技力で現在の日本ドラマ・映画界をけん引する小栗さんと西島さんの民放連続ドラマ初共演が実現しました。

直木賞作家・金城一紀が描くアクションエンターテインメント!
あなたの想像を超える「規格外の事件」が次々と日本を襲う!

原案・脚本を手掛けるのは、「GO」で直木賞を受賞した金城一紀さん。映像作品では映画「フライ,ダディ,フライ」や、ドラマや映画で記録的大ヒットを記録した『SP』シリーズ、小栗さんが主演を務めた『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』など、話題作を生み出してきた金城さんが、小栗さんを主演に据えて5年前から構想を練ってきた作品です。
金城さんならではの緻密な設定と情報を元に構築された一話完結型ストーリーは、これまでの警察ドラマの常識を超える規格外の事件ばかり。刻々とタイムリミットが近づく危機的状況で奮闘する特捜班の姿を、臨場感と迫力ある映像によって描き、見る人があたかも特捜班の一員になったような気分でハラハラドキドキを味わえるエンターテインメント作品となっています。

小栗 旬、西島秀俊が挑む圧倒的迫力のアクションシーンに注目!

小栗さんが演じる稲見は、元自衛隊員の捜査員。一方、西島さんが演じる田丸は、真面目で常にストイックな捜査員。時に周囲の想像を超える派手な立ち回りで犯人を制圧する稲見と、常に冷静沈着な動きで犯人を追い詰める田丸。タイプは異なるが高い格闘スキルと判断力と正義感を持つ2人が繰り広げる激しい格闘シーンもドラマの見どころの一つです。「カリ・シラット」という武術を習得している金城さん自身がアクション監修を務め、さらにこのドラマのために、小栗さんと西島さんは1年前から金城さんのもとで訓練を受けてきました。鍛え抜かれた肉体と抜群の身体能力でアクション俳優としての地位も確立する2人が、さらに技術に磨きをかけて挑む華麗なアクションは必見です。

コメント

小栗 旬さん

CRISIS(クライシス)小栗 旬さん

Q.最初にこの企画を知った時の印象や、実際に脚本を読んだ感想を教えてください。
今のゴールデンタイムではなかなか題材として描きづらい作品に手を挙げてくださった関西テレビに感謝しています。何年か前に初めてこの企画の輪郭を聞いた時からいつか必ずやりたいと思っていましたが、実現することは難しいだろうと半ば諦めかけていたので、本当にここまで辿り着けて、とにかく携わっている全ての方々に感謝しています。
Q.稲見という男に関してどう捉えていますか?
とても深い苦しみを持った、痛んだ男だと思います。
Q.激しいアクションシーンの連続ですが、撮影はいかがですか?
今現在の自分にできる事で、最大限のチャレンジはできていると思います。
Q.西島さんとの共演についてはいかがでしょうか?
西島さんとは以前お会いした時に「いつかアクションのある面白いものをやろう」と話をしていたので、こういう形で実現できてとても嬉しく思います。
Q.視聴者にメッセージをお願いします。
大いなるテーマを持った、今現在のドラマ界ではギリギリのチャレンジをしている作品になっていると思います。火曜夜9時に熱く、皆さんに楽しんでいただけるものになっていると自信を持っています。お楽しみに。
西島秀俊さん

CRISIS(クライシス)西島秀俊さん

Q.最初にこの企画を知った時の印象や、実際に脚本を読んだ感想を教えてください。
初めて企画を聞いた時に実際に映像化するのは不可能なんじゃないかって思っていたので、スタッフ・キャストが顔を合わせた時に「本当に撮影に入るんだ!」とようやく実感が湧きました。特に小栗君や金城さんにとっては数年越しの企画ですし、二人の強い思いが、色々なハードルを越えて実現したんだと思います。
Q.田丸という人物に関してどう捉えていますか?
周囲には明かさない葛藤があり、いつか自分の信念と職務が決裂してしまう危険性を秘めている人物です。小栗君が演じる稲見とはコインの裏表のような男で、物事への対応の仕方は真逆なのですが、どこか同じような苦悩を抱えています。
Q.激しいアクションシーンの連続ですが撮影はいかがですか?
今までのドラマや映画とは違うアクションをしようという強い思いの中でスタッフ一丸となって撮影をしています。ただ、普通の現場ならOKが出ているところでも、もっと質の高い動きを求められてなかなかOKを出してくれないので、僕は日々へこむ毎日です(笑)。あとはやっぱり小栗君のアクションがすごくて、文字通り体を張ったアクションに挑んでいますのでぜひ注目して欲しいです。
Q.小栗さんとの共演についてはいかがでしょうか?
何年も前に「いつかアクションの作品をやりましょうよ!」って言ってくれて、「ぜひ!」と話をしていたので今回実現して嬉しいですね。「この現場を座長として引っ張っていくんだ」という力をすごく感じるし、みんなが小栗君のために動いているのは彼の魅力だと思います。
Q.視聴者にメッセージをお願いします。
撮影が過酷になればなるほど、この作品はすごいものになると楽しみにしていますし、キャストもスタッフもその覚悟を持って撮影をしています。一筋縄では解決できない多種多様な危機に特捜班がぶつかっていく姿が、一生懸命に生きている皆さんと気持ちが通じるのではないかと思いますので、ぜひご覧ください。
チーフプロデューサー 笠置高弘(カンテレ)

息をのむ激しい格闘シーン、想像を絶するストーリー、何より1年以上前からこの作品のために体を作り、撮影に臨んでくれた小栗さんと西島さんの本気度。全てが規格外の連続ドラマが始まります。日本では見たことのない、とんでもないアクションエンターテインメントをお楽しみに!

作品概要

【原案・脚本】
金城一紀 『SP 警視庁警備部警護課第四係』 他
【放送枠】
2017年4月期 毎週火曜夜9時~夜9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
※初回放送日未定
【タイトル】
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
【音楽】
澤野弘之
『BOSS』、『医龍-Team Medical Dragon-』 他
KOHTA YAMAMOTO
【演出】
鈴木浩介
白木啓一郎(カンテレ)
【チーフプロデューサー】
笠置高弘(カンテレ)
【プロデューサー】
萩原 崇(カンテレ)
【アソシエイトプロデューサー】
坂田佳弘(カンテレ)
【制作著作】
カンテレ

関西テレビ ページトップへ戻る